lacasa

愛知県名古屋市、安城市、江南市、春日井市の注文住宅 ラカーサ lacasa

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ

累計4000棟を建てたこだわりの品質

元請け(工務店)と下請け(大工)の間で
お客様の情報が共有されていない住宅業界。
それでは品質の高い家がつくれないと、ラ・カーサは考えます。

日本の住宅建築の受発注は、古くから「一括請負方式」という方法が採られています。
これは、「元請け(ハウスメーカー・工務店)」に施主がすべての料金を払い、すべての工事を発注するというスタイルです。

施主が元請けを信頼し、その先の工事のすべてを任せるという方式ですが、上の図を見てもわかるように、各業種の職方に至るまで
元請け会社の知識と情報を共有することは非常に難しいのです。
もちろん、ハウスメーカーのように工場生産された住宅の場合は、同じものをたくさん生産するためマニュアル化が比較的簡単で、
現場に高い技能は求められません。
特注といったように規格から外れない限りは、品質の安定という意味であまり問題は起こりにくいのです。

しかし、工場を造り、人を採用し、年間決められた生産をしなければならない工場生産住宅の場合には、本来の注文住宅はつくれません。
一棟ごとに違うフルオーダーの注文住宅は、知識と情報の共有が住宅の品質とお客様の満足に大きく影響するのです。

大手ハウスメーカー 工場生産系住宅 ・・・工場の稼働率を 上げるための物づくりの発想となる
中堅ハウスメーカー 工学部系住宅
中堅の工務店 素材系住宅・ローコスト住宅など・・・自社設計施工の場合と、外注設計の場合がある。                       前者は、店のセンスと設計力が問われる
大手ハウスメーカー 素材系住宅・ローコスト住宅など・・・個人では、コスト・品質面の管理が難しい
設計事務所 美術系住宅・・・建築家の得手不得手に左右される美術系住宅

ラ・カーサはどうかと言うと
「今がベストだと満足しないこと」という意識のもとに、常に設計・施工に対して現状の見直しをかけ、各部署の連携をとって改善を図っています。
その内容は、毎月行われる協力業者会と、その後の勉強会(ラ・カーサでは"分科会"と呼んでいます)で共有されます。

設計・デザインを行うスタッフ、施工管理をするスタッフ、現場に従事するスタッフ、この間に家づくりに対する想いに距離があっては本当に良い家は建ちません。

ラ・カーサの家づくりに関わる協力業者を含めたスタッフが、皆同じ方法を向いていること、これが良い家づくり、お施主様に満足
していただける家づくりの第一歩だと信じています。

contact showroom showroom facebook instagram
愛知県名古屋市、安城市、江南市、春日井市の注文住宅 - 株式会社ラ・カーサ Copyright © la CASA construction.,ltd. all rights reserved.