lacasa

愛知県名古屋市、安城市、江南市、春日井市の注文住宅 ラカーサ lacasa

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ

累計4000棟を建てたこだわりの品質

ラ・カーサの家は全棟「長期優良住宅」の仕様を満たしています。

皆さんは、日本の住宅寿命の平均をご存知でしょうか。
平成8年版の建設白書によれば、
日本の住宅の寿命は26年から30年、
アメリカは≒44年、イギリスは≒75年と推測されています。

構造や材質が違うからと思われるかもしれませんが、
軽くて丈夫な木造住宅は、本来ならば寿命は長いのです。
法隆寺のように1,300年の建物がちゃんと建っているのですから。
正しい維持管理をすれば、一般の木造住宅でも100年は持つのです。

しかし、実情は短命です。
日本の住宅の寿命を短くしている原因としては・・・
・戦後の質の低い住宅や小さな住宅が、増改築では対応しきれなかったこと
・中古住宅の流通が不活発であること
・平成はじめのバブル期には、土地の価格に比べると家の価格が非常に安く
感じたこと
・定住志向の日本人と住み替え志向の欧米人の考え方の違い
・日本に地震が多いこと
などが考えられますが、これは決して木造住宅の耐用年数が短いと言える
理由にはなりません。

建て替えの多くは、狭い、使い勝手(間取り)が悪い、ライフスタイルに
合わない、メンテナンスに費用がかかりすぎる、地震が怖いから、同じく
らいの築年数の隣が建て替えたから、などといった理由によるものです。
つまり、妥協することなく、
1.いい家だと家族がずっと思える家をつくり
2.きちんとメンテナンスができる
この2つのことができれば、木造住宅は永く大切に住む事ができるのです。

平成22年版の建設白書に、良質な住宅ストックの形成と将来世代への承継として住宅の長寿命化への取組みがうたわれています。
国は、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、住宅を長期にわたり良好な状態で使用し続けることができるよう、その構造や設備について、一定以上の耐久性、維持管理容易性等の性能を備えた住宅(「長期優良住宅」)の普及を図っています。

「長期優良住宅仕様」が標準であるワケ

ラ・カーサの家は、全棟「長期優良住宅仕様」が標準です。

それは、
1.家で暮らすということを、ご家族がとことん楽しめる空間であってほしい
2.永く住み続けられる家であってほしい

というラ・カーサの想いが、安全と安心、温熱環境といった快適性の追求は当たり前とした上で
硬質ウレタンフォームの特性を活かし、水で発泡する断熱材の採用
外壁通気工法により躯体内の湿気を排出し、構造体を湿気から守る
高断熱・高気密用複合サッシの採用

など、様々な点で長期優良住宅仕様を満たしているのです。

孫の代まで受け継がれる家づくりこそが、111年の歴史をもつラ・カーサなのです。

品質管理も第三者機関を通して徹底管理しています。

よりよい家づくりを目指すラ・カーサでは、品質精度を保持するための社内の仕組みとして、ISOを積極的に活用しています。 社内で築き上げてきた手引書「ラ・カーサ標準マニュアル」に基づき、確実な施工を徹底。 その上で社内検査、行政検査、お客様検査、住宅瑕疵担保責任保険(JIO)による検査、第三者検査による全12回の検査を行っております。

contact showroom showroom facebook instagram
愛知県名古屋市、安城市、江南市、春日井市の注文住宅 - 株式会社ラ・カーサ Copyright © la CASA construction.,ltd. all rights reserved.